愛宕山装飾横穴古墳

 
当神社境内裾野には、7世紀から8世紀初めにかけて造られた横穴古墳があります。
昭和51年の都市計画街路工事中に発見された古墳もあり、愛宕山を中心に広く分布しております。

横穴古墳は崖に横穴を掘って墓としたもので、玄室の奥の壁には円や円に十の字が入った文様を朱色で書かれているものや、数々の装飾品・土師器なども出土し、装飾古墳であることがわかったものです。

ページトップへ