愛宕神社
祈る
トップページ > 祈る > 厄年

厄年

厄年とは厄難に遭いやすい年回りのことで、一般に男性は数え25歳・42歳・61歳、女性は数え19歳・33歳・37歳・61歳が「本厄」とされます。中でも男性の42歳、女性の33歳は「大厄」とされ、特に気をつけるべき年とされています。

厄年という考え、風習は平安時代に既に存在しており今でも風習が連綿と受け継がれています。時代は変わりましたが、年齢としては若年から青年、老年へと移り変わる節目の年でもあり、結婚や仕事上の責任なども含め、身体的・精神的にも大きく期待され、疲れが溜まりやすい時期でもあり、人々が不調となる年齢を統計学を基に表しているとも言われています。

神前でお祓いを受け、神々のご加護により無事に過ごせるように祈りつつ、謙虚な気持ちで生活を送りましょう。

このページの先頭へ