神籬

榊に紙垂(しで)や鏡、麻をつけたもので、お祭りにあたりお降り願う神霊の依代(よりしろ)として設ける。