愛宕神社
学ぶ
トップページ > 学ぶ > 神棚のまつり方

神棚のまつり方

おまつりする場所

神棚の場所は、家の内でも清浄なところを選ぶようにしましょう。一般には、清らかで明るく、静かで高いところに、南向き、あるいは東向きにおまつりするのがよいと言われていますが、適当な場所が見当たらない場合は、家族がいつも集まって会話をしたり食事をするような、日常生活の中心となる部屋に、丁重におまつりしましょう。

神棚の準備

神棚は、御神札をお納めするためのものです。神棚の形や大きさは様々ですが、近年はモダンな簡易神棚もあり、おまつりする場所(棚を吊る場合は棚の大きさ)を考えてご家庭に合うものを選びましょう。

御神札(おふだ)の納め方

神社でお受けした御神札を神棚にお納めします。簡易神棚についても、横に広げられる場合は三社造りを参考に、広げられない場合は一社造りを参考になさってください。

■三社造りの宮形
中央に私たちの総氏神さまである伊勢の神宮の神宮大麻を、向って右には氏神さまの御神札を、向って左には崇敬している神社の御神札をお納めします。

■一社造りの宮形
神宮大麻を一番手前に、そのうしろに氏神さま、そのうしろに崇敬する神社の御神札を重ねてお納めします。
各地の神社にお参りした際にいただいた御神札も、崇敬する神社の御神札のうしろに重ねておまつりします。御神札の数が増えて、宮形にお納めすることができなくなったときは、宮形の横に丁寧に並べておまつりしましょう。

神棚の祭器具

一般的な神棚の周囲にある祭器具のご紹介です。近年ではご自宅の敷地に合わせてシンプルでコンパクトな神棚もございますので、おまつりした神棚に合わせご参考になさってください。
また、お水や酒、塩、米を入れる祭器具は、神さまのお召し上がりになるものとして家庭用の食器と一緒に洗わないようにしましょう。

  1. 注連縄
  2. 注連縄は細いものを牛蒡注連(ごぼうじめ)、太いものを大根注連(だいこんじめ)と呼ぴ、稲藁を左綯にしたもので、これに四垂れ(または八垂れ)の紙垂を等間隔にはさみ込み、神棚の上部に取り付けます。ここが神聖な場所であることを示すものです。

  3. 紙垂
  4. 榊立は、簡単に作れますので、汚れたり、破けたりしたときは取り替えましょう。また、注連縄は細い縄でもかまいません。

  5. 榊立
  6. 紙垂は神の宿る木、栄える木という意味をもつ榊を立てるためのものです。豊かな緑は、みずみずしい生命感にあふれて、神霊の宿る場所にふさわしいものです。地方によっては、樫、松、杉などを用いることもありますが、常に青々とした常緑樹を神棚や御霊舎の前に立てておくよう心掛けましょう。

  7. 瓶子
  8. 瓶子は、神饌(神さまやご祖先の召し上がりもの)を供えるためのものです。瓶子にはお酒を盛ります。その際には瓶子の蓋は外します。

  9. 水器
  10. 水器は、神饌(神さまやご祖先の召し上がりもの)を供えるためのものです。水器にはお水を入れます。その際には水器の蓋は外します。

  11. 平瓮
  12. 平瓮は、神饌(神さまやご祖先の召し上がりもの)を供えるためのものです。平瓮にはお米やお塩を盛ります。

  13. 三方、又は折敷
  14. 三方は、神饌(神さまやご祖先の召し上がりもの)を供えるためのものです。瓶子、水器、平瓮、三方を三方にのせてお供えします。

  15. 燈明
紙垂(しで)の作り方







このページの先頭へ